カードローンとは

カードローンという言葉はよく耳にしますよね。今では大手をはじめとする何処の銀行に行っても、カードローンのパンフレットなどを目にしますし、テレビのCMでお馴染みの消費者金融などのローンもありますし、カードローンと一言で言ってもいろいろな種類があるのだという事が分かると思います。

そもそもカードローンって一体何なのでしょう?
キャッシングやクレジットとは違うのでしょうか?それとも意味は同じで言葉だけが違うだけの事なのでしょうか?

言葉自体は知っているし、漠然と意味も分かっているけれど、カードローンとキャッシング、クレジットなどの本当の違いはよく分からない…という方は多いのではないでしょうか?本当の意味や仕組みを把握する事はとても大切な事ですよね。

ローンという言葉だけを聞くと、「利息が高い」「返済が苦しそう」「借金に追われる」というような、マイナスイメージを持つ人も少なくないと思いますが、そのようなデメリットの反面、使い方次第ではとても便利な物がローンなのではないでしょうか?

例えば「住宅ローン」などを始めとする、使う目的がはっきりと決まっている場合に限り、お金を貸してもらえるというシステムがあります。「学資ローン」も同じですね。何かを学ぼうとしたときに学校に通う事になります。学校によっても異なりますが、学費はかなり高額です。現在、資格取得ブームは続いていますが、何かの資格をとろうとした時にも数万から数百万円という資金がかかります。一括で払えるだけの余裕があればいいですが、実際のところ月々のお給料の中でやりくりをしている状態では、学校に通う費用をまかなうのは不可能に近いかもしれません。そんな時に「ローン」を組むことで、不可能は可能になりますね。今、手持ちのお金が用意出来なかったとしても、無理のない返済プランのローンを組む事によって、あなたの世界は広がるというわけです。

代表的に「住宅ローン」と「学資ローン」をあげてみましたが、これらの場合、お金の使用目的が限定されていますよね。この制限がなくお金を借りられるものが「カードローン」という物なのです。決まった使用目的と関係なしにお金を貸してもらえるという事は、何かと便利なように思えますよね。でも、金融機関や金融会社は、まとまったお金を貸すわけですし、かなりメリットがなければユーザーとの関係が成り立たないですよね。そのあたりもじっくりと説明をしていきましょう。

ローンの返済方法についても気になるところですね。
一括返済、分割返済、リボルビング払いというように、返済方法もさまざまですが、それぞれのメリット、デメリットについても具体的に考えてみたいと思います。返済方法の実態についての知識を持つことは大切です。これからクレジットで買い物をしたり、なんらかの目的でまとまったお金を借りたりする時に、的確な返済プランを計画する事が出来ますし、自分の判断力にとってもプラスとなるでしょう…そのためにもカードローンについて色々と勉強してみましょう。


Copyright (C) 2008〜カードローンmania. All Rights Reserved.